海外にFX口座を開設出来るFX会社

887日本にはFX口座を開設出来るFX会社は多くありますが、海外にFX口座を開設出来るFX会社もあります。では口座を開設するのに日本と海外ではなにが違うのかというと、大きく分けて「レバレッジ」「出金、入金のスピード」「サポート体制」になります。

まず「レバレッジ」ですが、日本では法律でレバレッジは最大で25倍までと定められています。そのため、日本のFX会社で口座を開設した場合必然的にレバレッジの上限は25倍までとなります。数年前まではそれ以上のレバレッジが認められていたようですが、高いレバレッジのため多大な損失を受けたトレーダーが多くいたせいか、法律で25倍までと規制されてしまいました。逆に海外のFX会社の場合は、レバレッジが最大で400倍までかけられます。日本の25倍 とは大きな差です。400倍だと、証拠金が1万円でも400万円分のポジションを持つことが出来るということです。この高レバレッジに魅力を感じて海外のFX会社で口座を開設する人も多いかと思います。

次に「出金、入金のスピード」ですが、日本のFX会社の場合は出金、入金を申請して数日から1週間ほどで口座に反映されます。また、申請もネット上で完結出来る場合がほとんどです。

これが海外のFX会社の場合だと、とある会社を例にすると、入金、出金は申請が完了してから口座への反映に約2週間もかかり、その申請方法もとにかく面倒で、申請書をFX会社のホームページからダウンロードしてプリンターで印刷し、わざわざ紙として出してから手書きで氏名や住所などの必要事項を記入、それを写真にとって写真データをホームページににアップロードしなければいけないという手順でした。出金の場合は海外の口座から日本の口座へ送金されるわけですから、日本の受け取り口座の銀行からわざわざ電話がかかってきて「海外の口座から送金がありましたが心当たりはありますか?」と聞かれます。海外口座の 場合、証拠金を引き出したくても日本の口座のように素早くとはいかないので、なるべくあまり用途が無い資金を使うのがベストです。そうすればこういった海外口座特有の手間などの気にならなくなると思います。

最後に「サポート体制」ですが、日本の会社だと大体どこでもメールと電話によるサポート対応をしてくれます。電話はもちろん日本語ですし、メールも返信が 早いです。では海外の会社ですが、日本の会社と同じように日本人スタッフによる電話とメールでの対応をきっちりやってくれる会社もありますが、そうでない会社も中にはあります。要するにサポート対応を外国人が行っている場合がありますので、海外で口座を開設するときは、きちんと日本人スタッフがサポート対応してくれるかチェックすると良いです。

在宅ワーク

在宅ワークのメリットは、通勤する必要がないことです。アルバイトやパートに行っても、通勤にかかる時間の時給はでません。仕事場まで行くのに30分かかるとしたら、往復で1時間かかることになります。その1時間の時給は出ないので、タダ働きをしているようなものです。

外に働きに出るとしたら、ちゃんとお化粧をして、服もしっかりとしたものを着ていなければなりませんが、在宅ワークだったら、スッピンのままでいいですし、服も部屋着のままでもできるので、とても気軽な感じでできるのです。お化粧をしなくてもいいことは、手間が省かれて出かけない日などはとても便利です。服を選んだり、お化粧をしたりして外に働きに出るのはとても大変です。その点、在宅ワークだったら、そういうことを考えなくてもいいので、とても大きなメリットになります。

好きな時間に働くことができるので、時間を自由に使うことができますし、自分のペースで働くことができるので、在宅ワークはとても便利です。在宅ワークによっては、テレビをかけて耳で聞きながらすることもできるので、とてもリラックスした感じで仕事ができます。いいことだらけの在宅ワークですが、デメリットもあります。

在宅ワークのデメリットは、人との交流がないことです。働きに外に出ると、人と接触する機会が増えて、知り合いも増えますし、同僚というものがいて、人とのコミュニケーションが取れますが、在宅ワークでは自分一人なので、ちょっと引きこもり的な状態になってしまうことがあります。

外に働きに出ると、どうしてもお化粧をしていかなければなりませんから、しっかりと身支度をすることになり、気分転換になります。在宅ワークでは同僚と話をすることがありませんから、自然と無口になってしまいます。会社などで働くと、それなりにキチンとした身なりでいなければなりませんし、制服などを着ることもあって、仕事をしている時と、そうではない時の境がしっかりとしているので、オンオフがはっきりとしています。でも、在宅ワークだったら好きな時間に仕事ができるので、自分のペースで仕事ができるので、時間に縛られることがなくてとてもいいです。

小さな子供がいる人などは、在宅ワークだったら子育てをしながら仕事ができるので、在宅ワークの方が便利ですし、子供を預ける必要がないので、子供にとってもお母さんと一緒に居られるのでとてもいい事ですし、安心できます。

金融緩和縮小の影響

アメリカの金融緩和縮小の影響を受けて一気に景気の減速の影響を受けたのが新興国市場です。例えばブラジルは、それまでの緩和政策の影響を受けて大量の資金が流れ込み、ちょっとしたバブルの様相を呈していましたが、アメリカの緩和縮小が決まると資金の引き上げが起こり、あちこちで資金のショートが引き起こされました。

スワップという面では現在も非常においしいブラジルレアルですが、高金利の理由は流失しがちな資金の流れを呼び戻すためなので、長期保有はやはりリスクが高いと言わざるを得ないようです。