全てが日本語対応なので言葉の壁の問題無し!

8872日本国内から取引ができる外国系のバイナリーオプション業者は、数多くありますが、その中でも日本語サポートが充実していると評判なのがバイナリー88です。日本国内の証券会社が取り扱うバイナリーオプションが、規制によって魅力の薄いものになってしまったいま、海外バイナリーオプション業者を利用したい人もたくさんいるでしょう。しかし海外業者と言うと、まず心配になるのが言葉の問題です。そしてバイナリー88は、ホームページから取引画面、そしてサポートまでのすべてが、日本語に対応しているので、実際に利用している間に海外業者であることを意識することは、まずないと言って良いでしょう。英語はまったくダメと言う人でも、安心して取引できる海外業者です。

バイナリー88が用意しているバイナリーオプションには、ハイローオプション、ターボオプション(60セカンド)、タッチ(上下)オプション、ワンタッチオプション、レンジオプションと一般的な種類のすべてのバイナリーオプションが取引できるようになっています。その中でも基本中の基本と言えるオプションが、ハイローオプションです。対象銘柄のレートが、あらかじめ設定された満期時に、購入時よりも上がっているのか、あるいは下がっているのかを予想する取引です。上がるか下がるかを予想するだけで、その変動の大きさは関係ないというシンプルなルールなので、バイナリーオプションは初めてだという人でも簡単に取引ができます。満期は、数十分~数時間のものまで用意されています。

そしてこのハイローオプションをもっと短時間で行なうのがターボオプションです。ルールは、ハイローオプションと同じで、満期は60セカンドと呼ばれる60秒後の超短時間取引から、バイナリー88の場合には、2分、そして5分が用意されています。短時間であることから、比較的予想がしやすいこと、繰り返しの投資ができるので、投資効率が良いことなどが、ターボオプションのメリットです。

他にバイナリー88の特徴と言えば、タッチオプションとワンタッチオプションが用意されていることかもしれません。名前が似ているので少々ややこしいですが、タッチオプションは、満期までの間に、その銘柄の価格レートが上か下の設定価格レートのいずれかにタッチするのかを予想します。満期までにその銘柄のレートがタッチすると、予想が当たったことになり、配当金を受け取ることができます。

一方のワンタッチオプションは、対象銘柄のレートが、満期までに設定レートにタッチするのか、あるいはしないのかを予想します。タッチする、あるいはしないの予想を当てることができれば、配当金を受け取ることができます。

さらに入金ボーナスがもらえるBinary88では、ハイローオプションの時に、満期前に取引を終了できるクローズ、同じ条件の取引の投資額を途中で2倍にできるダブルの機能が用意されています。これらの機能を上手に使うことで、より確実に利益を得ることができます。

バイナリー88では、最低入金額が1万円、そして最低取引金額が1,000円と低めに設定されていることから、少額の取引がしやすく、入金にはクレジットカードが使えるので便利です。そして海外業者にしては珍しくJCBカードにも対応しているのは、日本人としては嬉しいところでしょう。

そしてもちろん、海外バイナリーオプション業者では、もはや常識と言って良い入金ボーナスも用意されています。その内容は、キャンペーンによって変わりますが、毎月の初回入金に10%のボーナスや、前月の取引実績に応じて最大10万円のキャッシュバック、誕生日ボーナスなどが用意されています。

数ある海外バイナリーオプション業者の中でも、充実した取引環境が整っているのが、バイナリー88と言えるでしょう。

金融緩和縮小の影響

アメリカの金融緩和縮小の影響を受けて一気に景気の減速の影響を受けたのが新興国市場です。例えばブラジルは、それまでの緩和政策の影響を受けて大量の資金が流れ込み、ちょっとしたバブルの様相を呈していましたが、アメリカの緩和縮小が決まると資金の引き上げが起こり、あちこちで資金のショートが引き起こされました。

スワップという面では現在も非常においしいブラジルレアルですが、高金利の理由は流失しがちな資金の流れを呼び戻すためなので、長期保有はやはりリスクが高いと言わざるを得ないようです。