アメリカの経済指標と為替相場

外国FX FX取引では、外国為替市場の為替相場の変動が投資のカギとなっていますが、その中でも世界の通貨の基準となる基軸通貨を発行するアメリカの動向は、相場全体に大きな影響を与えます。
その中でも、アメリカの経済状況の現在を知らせる経済指標の発表は、その前後から為替相場に強い影響を起こします。

その経済指標の一つに「新規失業保険申請件数」というものがあります。
これは現在米時間で毎週木曜日に発表されているもので、読んで字の如くに新たに失業保険が申請された件数をまとめたものになります。
これは月ごとに発表される別の経済指標の一つである「雇用統計」のうちの「失業率」の予測などに役立てられることもあり、この数値によって景気の動向を知ることができると考えられています。

失業保険の申請が多く行われ受給者数が増えるということは、雇用環境が悪化して多くの人間が職を失っているという状況を表しています。
個人消費がGDPの70%ほどを占めるアメリカでは、雇用環境が悪化し給与が少なくなったり、失業する人間が増えることで個人消費が落ち込むことが、景気の冷え込みにつながるため、前回の新規失業保険申請件数との比較から、その差がプラスに大きければ景気が悪化していると判断され、また、マイナスに大きければ景気が上向いていると考えられるため、この数値が為替相場での米ドルの売買の根拠の一つとされることもあります。

しかしながら、この新規失業保険申請件数は週ごとに集計し発表されていますので、休日の関係などの副次的な要因での影響を含むため、前回の数値や為替市場での予想と比べて結果が異なることもしばしば起こります。

また、失業に関連する指標の場合には、雇用に関する指標と合わせて考える必要もあり、この場合は失業と雇用が緩やかに入れ替わって推移することから、長期的な為替レートの変動を予測することにはあまり効果を発揮しません。

しかしながら、この発表による短期的な相場の動きについては充分な影響力がありますので、週単位での取引きを投資スタイルにしている場合には、4週間移動平均線などの分析を用いてその推移を読み解いていくなど、考慮していく必要のある経済指標の一つと言えるでしょう。


金融緩和縮小の影響

アメリカの金融緩和縮小の影響を受けて一気に景気の減速の影響を受けたのが新興国市場です。例えばブラジルは、それまでの緩和政策の影響を受けて大量の資金が流れ込み、ちょっとしたバブルの様相を呈していましたが、アメリカの緩和縮小が決まると資金の引き上げが起こり、あちこちで資金のショートが引き起こされました。

スワップという面では現在も非常においしいブラジルレアルですが、高金利の理由は流失しがちな資金の流れを呼び戻すためなので、長期保有はやはりリスクが高いと言わざるを得ないようです。